スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

クリスマス’07、’11

クリスマス’07、’11

a01233600.jpg
2007‐12‐24のクリスマスの写真
この年のくいスマスは宿り木がテーマでした。

この年は気持ちに余裕がなく、いつも作っていた生の木を使ったリース作りはやめにしました。
いつもは11月の終わり頃 お花屋さんを何軒も回って 気に入ったもみの木 ヒイラギなどを買って クリスマスの為ゆったりとした気持ちで作るのですが・・・

でもいつもしている事を しないのでは 気持ちが悪いので せめて出来ているものでも!と 思い近くのお店のアートフラワーのリースを購入する事にしました。
そこのお店のオーナーが ご自分でお作りになっているパリスタイルのお花は 海外生活が長かっただけあって 花材選びは大人のイメージで とてもセンスがいいと思っています。
また 色目の選び方 あわせ方は私好み!なのです。 なのでお店の中へ入っていくと 目移りして困ってしまいます。

今回 迷いに迷って選んだリースは 我が家の玄関の色 壁 周りの雰囲気にでも合うもの 薄いグリーンの濃淡に 淡いブルー パールホワイトの花で出来上がっているものです。
そして 選んだ理由の一つとして 宿り木がたくさん使われていて 控えめにクリスマス風だったからなのです。

「日本の花材で なかなか宿り木を組ませる事は少ないですよね・・・」と 
「子供の頃は この宿り木のキッスィングボール なんて 素敵な風習なのかしら♪と 思ったものです。 なかなかフレッシュなもの売っていないですよね。」 などどと お店のオーナーとお話していたら 
オーナーも 宿り木が特にお好きなようで 「宿り木のことで こんなにお話が弾むなんてうれしいわぁ!」と ・・・
「宿り木は 欧米では幸せのシンボル どうぞ・・・」とお店の外に飾ってあったものを帰り際にプレゼントして下さいました。
 
ところで買ったリースは家のリビングの壁に 
そしてフレッシュなものを たくさんの福が入ってきますように!と 願いを込めながら玄関のドアにかけておく事にしました。
c0155367_21234051.jpg




cooking1212230.jpg
2011-12‐24のクリスマスの写真より。
ブログ記事がのおっていません・・・。


いつもありがとうございます。 レシピブログに参加しました。
ポチッと応援下さると大変嬉しいです。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。